独立開業計画書を書こう

独立開業方法|あなたの夢を叶えるために

脱サラ、独立を胸に抱く人は日本でも増えている。

 

おそらく、正社員になかなかなれないとか、 なってもいつリストラになるかわからないといった現状から、日本人の就職して定年まで 勤め上げるという意識では、リスクが高くなるということから、自身で起業すると ことの方がいいのではないかという意識に変わってきたのだと思います。

 

脱サラすることは、リスクが伴いますが、就職しても同じようなリスクがあるのならば、 自身の努力がそのまま結果となる起業に気持ちが行くのは当然のことでしょう。

 

ただし、漠然といつかは「脱サラ」とか「独立」という気持ちだけを持っているたけで 何も行動できずに、何十年もたってしまうという人もおおいと思います。

 

そんなことにならないように、起業、独立を現実のものとしていくためには、まずは とにもかくにも、まずは、計画を立てることです。

 

それがどんなものでもかまいません。はじめから具体的で、現実可能な開業 計画が書けるようだったら、もうその自他点でかなり具体的になっているはずです。

 

ですから、何もない手探り状態でもいいので、とにかく、現実的に可能か、不可能か なんてどうでもいいので、とにかく「独立開業計画書」を作ることが重要なのです。

 

もちろん、より具体的なことがかけるようならばそれにこしたことはありません。 たとえば、何年後に独立するとか、どんなビジネスを立ち上げるとか、毎月 いくら自己資金を貯めるとか、そんなところから計画を書けばいいのです。

 

あくまで、計画書ですから、色々な経験や知識を修得していくうちに、修正や 書き直しが必要になってくるはずです。

 

まるまる書き直しだっていいのです。ただ思っているだけの脱サラではなく、 とにかくどんなひ弱で稚拙な独計画でもいいですから、まずは具体的に紙面にしてみる ところから、はじめの一歩がスタートするのです。

 

書くことにょって、何が足りないのか、何が必要なのか、少しづつ 考える意識も芽生えるからです。

 

とても非現実的な夢のようなことだと思っている人ほど、「独立開業計画」を作る 、書くという作業が、より起業へのスタートの第一歩として、大きく前進をさせる ものとなるはずです。

独立に必要なものを準備していこう

独立開業方法|あなたの夢を叶えるために

計画を書いていけば、自ずと、独立に必要なものが具体的に頭に浮かんで来る ことと思います。

 

たとえば、オフィスはどうするとか、電話回線はどうするとか、事務用品はどうするとか 会社設立はどうするとか、色々なことが浮かぶと思います。

 

さらに、それらをそろえるための費用はどのぐらいかかるかとか、仕入れや、 人手はどうするとか、それら全部を含めた資金はどれぐらい必要になるのか等です。

 

必要な資金がだいだいの目安でわかれば、どれだけを自己資金として用意する ことができるか

 

開業資金のうち自己資金では足りない部分は、どのように資金調達 したらいいのかなども考えるようになると思います。

 

開業に必要なものを考え、少しづつ準備していくことによって、夢のようなことだった ものが、いつのまにか自分の意識の中で現実できなものにかわってくると思います。

 

より独立開業をすることが、自分の中で実行可能な事として意識できるようになってくれば それが、色々修正しなければならない現実を知ることになっても、準備に入っている人に とっては、一つずつでもクリアーして行こうという意識ができるはずです。

 

なんの準備もせずに、思考だけで壁に当たってしまうと、そこで「独立開業」なんて 結局絵に描いた餅という気持ちになって、投げ出してしまうことも多くなりますが、 具体的なものを準備して進んでいっていれば、そこでなんとかそれらを無駄にしたくない という気持ちが働き、何か、別の方法がないかなど、あきらめる前に、問題解決を 計ろうとする意識が出てくると思います。

 

ですから、とにもかくにも、起業にむけて、1つでもできる事から準備を始める 事がいいとのです、それが独立開業を現実のものとするためのこつだと思います。

トップへ戻る